顔の乾燥肌改善の鬼が伝授!「原因」が分かれば対策が分かります。

乾燥肌改善の鬼顔が乾燥肌になってしまうと、様々な肌トラブルの原因になってしまいますね。

 

・肌のかゆみが酷い!
・肌荒れになってしまう。
・肌の皮がむけたり、粉を吹いてしまう。
・化粧のノリが悪くなる。
・アトピー性皮膚炎を誘発する。
・顔のしわ、たるみの原因になる。
・肌の老化を促進してしまう。
・敏感肌になって、顔が老けて見えやすくなる。

 

乾燥肌は、本当に悪いことだらけです。
でも、乾燥肌になってしまう原因は必ずあります。
あなたが乾燥肌になってしまった原因を知ることができれば、あなたに合った対策ができますので、ぜひ当サイトを参考にしてください。

間違えたスキンケアの方法が原因

@クレンジングが原因かも!?

 

乾燥肌原因クレンジング

もし、あなたがオイルクレンジングを使用しているなら、これが乾燥肌の原因かもしれません。
しっかりメイクを落とすのは、すごく大事なのですが、肌の保湿に必要な組織まで落としてしまっている可能性があります。
皮脂が多くてニキビが多い、10代〜20代などの若いうちは、オイルクレンジングでも問題ないことがほとんどです。
でも、肌質が乾燥気味に変化してくる20代後半以降は違います。
思い当たるフシがある方はクレンジング剤を変えてみるのも手です。

A洗顔する時のお湯が熱過ぎ!?

 

乾燥肌の原因が洗顔方法

クレンジング剤が問題じゃなかったら、洗顔するときの水の温度はどうでしょうか?
暑い温度のお湯で洗顔してしまうと、肌の保湿にとって大事な組織まで洗い落としてしまっている可能性が高いです。
乾燥肌の方に良い、洗顔時のお湯の温度は30〜32℃くらいで、「ぬるいお湯くらいの温度」です。
普通に熱いお湯で顔の洗っている方は、ここにも注意してみましょう。

B化粧水の量が少なすぎるかも!?

 

乾燥肌原因化粧水

「乾燥肌に困ってたから、口コミで評判の化粧水を使ってみたけど、全然効果ない!!(怒)」
という方は、もしかしたら化粧水の使用量が少なすぎるのかもしれません。
高い化粧水の場合、節約して使いたい気持ちは、痛いほど分かるのですが、たっぷり手にとって使いましょう!

悪い生活習慣が原因

@睡眠不足も、肌トラブルの原因です。

 

乾燥肌睡眠不足

睡眠不足も乾燥肌の原因となりえる、立派な原因ですので要注意です。
睡眠する時間が短いと、肌が失ったバリア機能を回復する時間がないからです。
毎日3〜4時間くらいしか寝てない!という方は、もうちょっと睡眠をとるようにしましょう。

Aエアコンの室内乾燥にも注意!

 

乾燥肌原因エアコン

湿度が高い夏も、エアコンが聞いた室内にずっといると肌が乾燥します。
このエアコンの乾燥も、実は侮れません。
猛暑の夏では、エアコンを付けるのは仕方がありませんので、加湿器を使ってみるなど
部屋の中の湿度を下げすぎない工夫をすることも大事でしょう。

B過度なストレス

 

乾燥肌ストレス

ストレスを感じると「活性酸素」が出てしまいます。
この活性酸素は、肌に限らず、人の老化を促進してしまう原因になります。
活性酸素が発生すると、肌が保持する水分量が減ってしまい、乾燥肌になってしまいます。

C洗顔回数が多くない!?

 

乾燥肌洗顔

単純に一日の洗顔回数が多いのも、乾燥肌には良くありません。
保湿に必要な組織まで洗い落としてしまうからです。
一日3、4回も洗顔してしまう女性もいますが、これは乾燥肌を招く原因になってしまいます。
洗顔は多くても一日2回まで。これを覚えておきましょう。

食生活が原因の乾燥肌

@過度な食事制限のダイエット

 

乾燥肌の原因ダイエット

食事制限などでダイエットすることは、乾燥肌にも良くありません。
ダイエットのために、脂質を摂らないほうが良いとはいえ、摂らな過ぎるのもダメなのです。
美容を考えると、炭水化物や脂質を控え気味ながらも、少しは摂りましょう。
ダイエットであっても、健康的な食生活は崩さないようにすることが重要です。

Aファーストフードばかりの食生活

 

乾燥肌ファーストフード

ファーストフードで食事をするな!!とは言いません。
でも、ファーストフードでの食事ばかりだと、栄養が偏ってしまい、肌にバリア機能形成に悪影響なのです。
また、加工食品ばかりだと充分な栄養が摂れませんし、肌を作るための栄養も摂取できません。

B偏食で肌に必要な栄養素が摂れない

 

乾燥肌原因食べ物

上記のダイエットやファーストフードばかりの食生活も含めて、偏食で肌を作るための栄養素が摂れないことが、大きな原因になります。
良く知られている肌に必要な栄養素は、ビタミン(ビタミンA、B群、C、E、)、必須脂肪酸、たんぱく質などですね。
これらの栄養素を取れる食べ物を摂っていきましょう。

仕方がない乾燥肌の原因

@加齢による乾燥

 

乾燥肌原因乾燥

10代〜20代前半は、皮脂が多く乾燥肌にはなりにくいです。
ただ、女性ホルモンの関係で、20代後半くらいから、肌の水分量が減り始めて、どんどん乾燥肌になっていってしまいます。
そのため、20代前半くらいまで使っていた化粧品から変えて、「保湿できる基礎化粧品」に変えていく必要があるんです。

Aアトピー持ちで、もともと肌が弱い

 

乾燥肌原因アトピー

両親からの遺伝で、もともと肌が弱い体質の方も乾燥肌になりやすいです。
乾燥肌になりやすい肌が弱い方は、アトピー性皮膚炎などにもなりやすいので注意が必要です。
こうした方も、年齢にかかわらず、日常からしっかり肌を保湿する習慣をつけることが重要です。

B乾燥する冬はやっぱり注意!

 

乾燥肌冬の季節原因

管理人自身も冬になると、一気に乾燥肌になってしまいます。
湿度が低くなるのは1、2月の寒い季節なのですが、一番乾燥肌になりやすいのは実は10月、11月の秋なんです。
まだ、乾燥に耐えられる肌ができあがっていないからです。
そのため10、11月は保湿スキンケアは必須です。

C体調不良が原因の場合も。

 

乾燥肌原因体調不良

体が体調不良になっていることを知らせるサインとして、乾燥肌になることもあります。
肌と体は密接に関係しているので、乾燥肌の他にも、クマができる、くすみ、肌が青白くなったりします。
この場合、しっかり体調を治せば乾燥肌も改善していくでしょう。

D女性ホルモンの影響

 

乾燥肌原因加齢ホルモン

年齢を重ねて女性ホルモンの減少することによって、肌が水分を保持できなくなって、乾燥肌になります。
これが20代後半から来る女性も来れば、30代できはじめる女性もいます。
基本的に、年齢を重ねると乾燥肌になるので保湿スキンケアが必要になることを覚えておきましょう。

Eもちろん紫外線も。

 

乾燥肌原因紫外線

ご存知の通り、紫外線も乾燥肌の大きな原因の一つです。
適度な紫外線であれば、消毒効果があって良いのですが、夏の強い紫外線はお肌に良くありません。
特に真夏はしっかりUVケアクリームなどで、紫外線カットをしましょう。

乾燥肌改善で最強!ヒト型セラミドって何?

顔の乾燥肌改善の鬼

乾燥肌の女性に、セラミド化粧水が非常に人気です。
でも、その中でも乾燥肌改善に最強と言われているのが「ヒト型セラミド」です。

 

セラミドはもともと人の皮膚組織の中にある成分ですが、名前の通り、人の肌の中にあるセラミドとほとんど同じ構造をしているのが「ヒト型セラミド」です。
乾燥肌に良いセラミドの中でも、保湿力、浸透力が高く、比較的刺激が少なく肌に優しいのが特徴です。

乾燥肌改善の鬼が、ヒト型セラミド化粧水をランキング!

様々なメーカーから出ているヒト型セラミド化粧水の中から
下記3つの基準で高評価順に、ランキングしてみました!

  • ヒト型セラミドの保湿力・浸透力
  • 口コミ・評判の良さ
  • 乾燥肌への効果

乾燥肌改善には、日々のスキンケアが一番重要です。
まずは化粧水を保湿に特化したものに変えるのが手っ取り早いですね。
ぜひ、ヒト型セラミド化粧水ランキングを参考にして下さい^^

 

アヤナス
ayanas

乾燥肌専門ブランドのヒト型セラミド化粧水

 

浸透力のあるヒト型セラミドを高濃度で配合されている化粧水。
ポーラオルビスグループのディセンシアの人気商品で、乾燥肌専門ブランドであることも安心です。
バリア機能を高めてくれる独自成分も◎。
乾燥肌改善に必要な要素が、全て入っているヒト型セラミド化粧水です。

お試しセット価格 お試しセット容量 評価

1,480円(税込)
※送料無料

10日分

・乾燥肌改善で評価◎。
・高濃度のヒト型セラミド配合

アスタリフト乾燥肌 アスタリフト セラミディアル乾燥肌 セラミディアル

 

アスタリフトセラミド

浸透力が高いヒト型セラミド化粧水

 

世界最小サイズのヒト型セラミドを配合した化粧水。

富士フィルム発売の人気化粧水で、評判の良い化粧水です。

 

セラミディアル

肌に優しいヒト型セラミド化粧水

 

クレンジングを使用しない肌に優しいコスメが人気のエトヴォスの商品。
皮膚の医学博士監修のヒト型セラミド化粧水です。

アヤナスが乾燥肌に良いのは、なぜ??

顔の乾燥肌アヤナス

・高濃度のヒト型セラミド
・バリア機能を強化できる独自美容成分
・低刺激で肌に負担がかからない

 

アヤナスに配合されている浸透力も高く、保湿力の高いヒト型セラミドは、やはり違います。
ヒト型セラミドだけではなく、弱っている肌のバリア機能を強化できる独自美容成分を、肌に負担をかけずに取り入れることができますね。